多くの人に利用されている人気のある美容手術

サイトメニュー

手術の特徴をチェック

カウンセリング

自分に合った手術法で目元の印象を変えよう

メスを使わない手軽なプチ整形なのにも関わらず、目元の印象が大きく変わるとして「埋没法」は口コミで人気を集めています。一方で埋没法は「手術を受けたのに二重のラインが取れた」という、マイナスな口コミも少なくない手術法です。実は埋没法、手術を受けたからといって半永久的に二重のラインがキープされるということはなく、時間の経過で消えてしまう人が多いと言われています。埋没法はまぶたを医療用の糸で固定して二重のラインを作るプチ整形なのですが、固定するための糸が緩んでしまい結果ラインが消失してしまうのです。どれだけ技術に優れた医師が埋没法を行っても、糸が緩んでしまうことがあり埋没法の持続期間は約3年から5年程度と言われています。ただし、糸が緩む前兆を見極めることができれば、クリニックで早期に対処でき埋没法の持続時間を延ばすことが可能です。二重のラインの幅が狭くなってきた・まぶたを閉じた時に重く感じるなどの症状が出てきたら、糸が緩んでいるかもしれません。このような症状を感じたら早めにクリニックを受診して対処すれば、埋没法でも10年程度にわたりラインをキープできるようです。
メスを使わない埋没法は顔にメスを入れずに二重になれるという手軽さはある一方、プチ整形ということもあり持続期間が限られています。より長くラインをキープしたい、またハッキリとしたラインを作りたいと希望する人は切開法を検討してみてはいかがでしょう。切開法はメスを使う美容整形の1つで、まぶたの皮膚を切開したあと縫合することで二重のラインを作ります。切開する範囲が短い部分切開と、切開する幅が大きい全切開とがありどちらも半永久的にラインが消えないのが特徴です。口コミでも「理想の目元になれた」という声が多い切開法は、二重整形を行っているクリニックであれば、ほとんどの所で受けられるメジャーな施術法です。また、切開法は効果が長く続くというだけでなく、目頭から目尻にかけてラインが平行に入る平行二重も作れます。西洋人のようなクッキリと幅の広い二重まぶたになれることから、切開法は口コミでも人気の高い施術です。埋没法だとラインが取れてしまうのではという不安を感じている人は、切開法をチョイスしてみてはいかがでしょう。